461T 北宇智
2011/9/24撮影
 昼を過ぎて太陽が西に傾いてきたので、気になっている場所に寄ってみることにした。毎年、ススキが綺麗なんだがどんなもんかと。さすがに穂はまだまだ。でも、今年は線路脇の草刈が結構されているので、これは秋本番になっても期待できそうにない。彼岸花にしてもそうだが毎年同じ場所で見られるとは限らない。その年の農作業の状況で生えていたりいなかったり。草刈もされていることもあれば、そのまま生え放題のこともある。同じポイントに立ってもその日その時で様子が随分と違う。だからこそ毎年通ってしまうのだが・・・ススキに限っては今年は別の場所を探さないといけないようだ。真夏に近鉄生駒線のススキの草むらを紹介して、秋が楽しみだと書いたが、実はあの草むらも先日きれいに刈り取られてしまった。お蔭で望遠で平群駅の交換が狙えるくらいに線路脇はすっきりしてしまったが、秋の風情は楽しめそうにない。どうも今年は奈良盆地のススキは受難の年か?(笑)
b0185825_18192893.jpg
2011/9/24 和歌山線 吉野口~北宇智 461T
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-10-01 18:19 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)
<< 461T 和歌山線 玉手 近鉄吉野線 吉野口界隈 >>