444T 和歌山線 吉野口
2011/9/24撮影
 ぼんやりと昼下りの日溜りに立って辺りの風景に浸っていると「田舎」という言葉が頭に浮かんだ。言葉の響きと目の前の光景が一致し、実に素敵に思えてくる。日常の喧騒とはほど遠く、静かに時間が流れ、見知らぬ人々と挨拶を交わしていると自然に心が浄化されていくような。都会で暮らす我が身には経験したこともないスローライフが魅力的に思えてきた。「田舎」と言うと、時代に取り残されたマイナスのイメージを持ってしまいがちだが、ここにいるとなんと「田舎」が素敵なことか! 山口や磐西もそうだが、最初はSLという被写体に魅かれて通い始めるが、結局は日常では感じ得ない「田舎」に魅了されているのかもしれない。さもなくば何百キロも走って通い続けるのは阿呆でしかない。いや、既に十分、阿呆か?(笑)
 うだうだと瞑想していると、どこか遠くで踏切が鳴っている。そのテンポまで遅く感じてしまうのは気のせいか・・・我に返ってファインダを覗く。上り列車が木立の間に消えていく一瞬を狙う。編成は2両と短いので気は抜けない。カタカタとジョイント音が響いてきた。と、聞こえなくなった。トンネルはないので、切り通しでもあったか?と思う間もなく姿をみせた。田の中を突っ切ると正に木立のトンネルに吸い込まれるように走り去った。
b0185825_19172082.jpg
2011/9/24 和歌山線 吉野口~北宇智 444T
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-09-28 19:18 | 大和路・和歌山線 | Comments(0)
<< 近鉄吉野線 吉野口界隈 438T 和歌山線 吉野口 >>