2537D 篠目
2011/7/3撮影
 2534Dが行くと仁保で交換して2537Dの単行がもう1本、今度は下って来る。田の畦で狙おうかとうろうろしたが、周りの山を見るとなんともいい雰囲気。ディテールがよく見えるわけでもなく、まったく見えないわけでもない。たっぷりの水蒸気で程良い霞み方をしている。しかも梅雨空から淡い散光が降っていて、しっとりとした篠目の谷の佇まいは抜群だ。これは山が撮りたい。で、いろいろアングルを考えたが結局、踏切脇に三脚を設置。谷の雰囲気が十分にほしいが広角にすると空が多くなって狙いがボケそうだ。標準ズームでフレームを追い込む。左の電柱がうるさいが、これがあるほうが不思議と絵が落ち着くのでそのままにした。なんの意味もない電柱のように見えるが昔からある。2絞りほど絞ってバックは程良くボケてもらう。列車はカリッとシャープに見せたい。結果はご覧の通り。なんの変哲もない単行列車の発車風景。でも、この手の絵は結構好きかもしれない。
b0185825_1826956.jpg
2011/7/3 山口線 篠目 2537D
Canon EOS-7D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-07-08 18:26 | 山口線 | Comments(0)
<< 2538D 篠目 2534D 篠目 >>