2073レ EF210-166 加島
2011/4/2撮影
 さく夙でカブられた73レだが、その後、三ノ宮で編成から異音がして急停車し発報。上下線が抑止された。上り線はすぐに運転再開されたが、下り線は内外線とも運転見合わせとなり、さく夙のカーブ付近にも列車が大渋滞。踏切も下りたままになった。その後20分ほどの停車で73レは動き出したので下り線も運転再開したが、なんと次の神戸で73レが再度緊急停車、発報。再び上下線とも抑止となった。結局、神戸に30分ほど停車し、のろのろと神戸タまで運転。やっと本線の運転が再開されたが下りは最大70分、上りも20分以上の遅れで運転取止め続出。ほぼ定刻に戻ったのは午後になってからだった。この煽りでカモレはまったく来ない。さて、どうしたものかと思ったが昼時なのでとりあえず昼食を取る。再度さく夙に戻ろうかとも思ったが最近ご無沙汰の加島に行ってみることにする。
 加島の築堤は昨年もそうだったがノリ面の工事が行われ、線路沿いにフェンスが立つので撮影が出来ない。年度末工事で2年連続、空気の透明な2~3月に撮影が出来なかった。陸橋に上がってみると、イン側の奥とアウト側の手前の築堤ノリ面がきれいにコンクリート化されている。本線との間も整地されたので、これで夏場も草むらにならなくてすむのか?見慣れるまでちょっと違和感があるが・・・
 生憎、午後になると薄雲が広がり、遠くは霞んでいる。梅田・福島界隈のビル群はスカッと見えないが、強烈なトップライトの時間帯なので薄明りのほうが都合がいい。いつものようにフレームミング。光もフラットなので露出も決めやすい。下り外線はほとんど列車が来ない。午前中の抑止の影響が残って間引き運転のようだ。ただ、北方貨物からはカモレが5~10分程度の遅れでやってくる。そんななか2073レはほぼ定刻に登場。顔を出すや否や汽笛一声。ゆっくりと築堤を登って来た。先頭はシングルパンタの166号機。ほぼ満載のコキ編成だ。実はこの列車、必殺だったのだが・・・(謎)
b0185825_19365357.jpg
2011/4/2 北方貨物線 加島付近 2073レ EF210-166
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-04-05 19:37 | JR神戸線 | Comments(2)
Commented by C62重連 at 2011-04-06 09:32 x
毎度です!
見事な「春霞」ですね・・・
やはり、冬場のほうが遠方は見通しが効きますね。
で、桃ちゃんのフロントウインドには「必殺」の証が・・爆謎
Commented by kony5711 at 2011-04-06 19:55
>C62重連さま

毎度です!
暖かくなるのはいいのですが、霞んでしまうのは・・・
で、必殺の証はしっかり見えますね。
このあと接近すると必殺技炸裂でした。(謎)
<< 8866レ EF66-103 ... C58-1 梅小路機関車館 >>