C57-1 梅小路SL館
2011/1/4撮影
 カモレの運行がないので、どこにいこうかと・・・正月なので、SL館かな。久しぶりに静態保存機が倉の外に顔を出すということなので行ってみることにした。その報告UPは後日として、心温まる光景からお付き合いを。

 寒いが日差しがあって館内は子供連れの家族で一杯。扇形庫の前はとてもフレームが創れる状態にはないが、機関車の前で誇らしげに仁王立ちして記念写真を撮ってもらっている僕たちの姿が微笑ましい。さて、どうしようかとぶらぶらと倉の端へ。展示機を通り過ぎると整備作業用のピットになる。ここまでくると人集りは少ない。展示室と違って照明が暗くなった倉の奥に目的のカマを見つけた。山口から戻ってきた、西のSLのエース、C57-1。すでにテンダーを切り離され、動輪を脱ぎ捨てて、台枠に鎮座していた。普段は見れないキャブの中が通路からゆっくりと眺められる。とても暗いが望遠を付けてスローシャッターであれこれ撮影。何枚か撮って画像を拡大しながら確認していて・・・あれ? バルブにしめ縄? ズームを目一杯飛ばして確認すると、確かにしめ縄だ。機関車の本来の姿ではない状態で年を越したC57に職員の方からのプレゼントなのか。どうみても来館者に見てもらうための小道具ではない。丁寧に、大切に整備され、どんなに愛されているかが良くわかる光景にちょっとジーンときた。アングルを変え、露出を変えて、何枚もここだけアップで。気が付くと30分以上、釘付けになっていた。(笑)
b0185825_2032979.jpg
2011/1/4 梅小路SL館 C57-1
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2011-01-05 20:32 | その他 | Comments(2)
Commented by C62重連 at 2011-01-06 14:40 x
毎度です!
さすがに静態保存機とは違って、機器が生きているのが素敵です!
でも一部オリジナルから、現在の機器に変更されているのは生きている証拠ですな!!(^^)
Commented by kony5711 at 2011-01-06 19:51
>C62重連さま

毎度です!
C57-1はやっぱり別格に手入れがいいですね。
SLスチーム号でD51-200、8620が運転されるので、手入れはされて綺麗ですが、痛みはひどいですね。
補修するには予算が、って感じでしょうかねぇ。
<< 1004レ C10-8 徳山 104レ C10-8 笹間渡 >>