9521レ [SLやまぐち] 徳佐
2010/11/3撮影
 長門峡を抜けてしまうと国道9号は普段通り。特に遅くもなく、早くもない流れに乗って徳佐を目指す。天気が崩れる心配はなさそうだが、風が強くなってきたのが気になる。長門峡では激しく流されていたので、徳佐も覚悟を決める。問題はどっちに流れるかだ。立ち位置に向かって煙が流されると、機関車以外はなにも見えなくなる。さて、どっちだ?
 いつもなら地福に列車が停車中に追い越すが、すでに黒煙が移動し始めている。同時通過になった。このパターンは結構厄介。地福の先で国道と並走するため、SLが来たのを見て一般車が道路脇に止まってSLの通過を待つ。1車線が塞がれ動かなくなることもある。案の定、数台が踏切付近に停車。後続のトラックが対向待ちで停車。そのまま渋滞になった。トラックから5~6台後だったので幸い対向車が切れたところで通過できたが、さらに脇に停車する車も増え、後方の列は長くなった。ま、列車はそこまで来ているので、通過すれば流れる。焦らなくとも鍋倉停車中に先行できるので問題はない。
 走りながら悩んだ結果、S字の定番に向かう。国道を逸れて里に入る。ポイント周辺の駐車車両はいつもより少なめ。風はアウト側からイン側に吹いているようだ。こんな日は三脚にカメラを据えると対応ができないで撃沈することがある。ズームを付けて手持ちでいく。あそこでこう、ここでこう、と煙の暴れ方に応じて数カットを想定しながらフレームを探る。探りながら露出を確認。試し撮りも終えたところで駅から黒煙が立ち昇り、踏切が鳴りはじめた。S字の奥のカーブに姿を現すと、煙は画面左手に流されはじめた。S字の直線部分では、激しく暴れ列車は煙の中に隠れている様子。駅発狙いは辛い状態。手前のカーブに掛かっても黒煙の量は衰えず、サービス満点だ。流された煙がバックのうるさい校舎を隠してくれたところで、連写!・・・民家の屋根が光って、いい感じになった?
b0185825_1993222.jpg
2010/11/3 山口線 徳佐~船平山 9521レ [SLやまぐち]
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


 定番アングルは機関車の鼻先にバックのガードレールが写り込むため、あまり好きではないが、大量の黒煙が流されたので、このアングルもまずまずの出来か?
b0185825_1910179.jpg
2010/11/3 山口線 徳佐~船平山 9521レ [SLやまぐち]
Canon EOS-7D , EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-11-06 19:11 | 山口線 | Comments(0)
<< 9522レ [SLやまぐち] 本門前 9521レ SLやまぐち 長門峡 >>