1238D 普通 寺前
2010/10/17撮影
 夕暮れが近づいて来て、太陽は山影に隠れそうな時刻になったが、すでに雲が空を覆い日は射していない。最後に上下2本の普通列車を狙って帰宅することにしたが、暗くなってコントラストもなくなってきた。雲の切れ目はあるものの、日は望めそうにない。高台に再び登って、斜光線のなか山並みを撮りたかったが、どんよりと沈んだ色になっている。とりあえず下り列車を退いた絵で撮ってみたが、なんてことのない絵になってしまった。日が射さないと山並みは、やっぱり綺麗にでてくれない。G1にFD 200mmをつけて、杉木立の谷間だけに狙いをつけた。次は上り列車なので、後追いになるが構わない。暗いは暗いなりに露出を合わせて、やってみることにした。
 切り立った杉の木立の高さが際立って、なんと車輌の小さいことか。こんな絵もおもしろい。でも、やっぱり日が欲しかった。
b0185825_21155799.jpg
20100/10/17 播但線 寺前~長谷 1238D 普通列車
Lumix DMC-G1 , FD-M4/3adapter + Canon FD 200mm F2.8


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-10-22 21:17 | 播但線 | Comments(2)
Commented by まむし at 2010-10-23 22:41 x
こんばんは。
ここ、撮影難しくないですか。失礼ながら、このお写真も木の枝が顔にかぶっているのではないでしょうか。
私もここで狙ってみましたが、撮影すると木の被りが気になってやめました。
晴れると、陰の部分と日向の部分が交互に出て、それも難しかった理由です。私の腕ではなかなか手に負えないところで、曇ったほうがよい場所ではないかと思いました。
Commented by kony5711 at 2010-10-23 23:26
>まむしさま

こんばんは
どこをどう切るか、とても悩む場所ですね。
確かに木や茂みが邪魔でいい位置でシャッターは切れませんね。
冬場の斜光線でやってみたいんですが・・・
<< 梅田貨物 夜はくねくね 4D [はまかぜ4号] 第3市川橋梁 >>