9522レ SL「やまぐち」 篠目
2010/7/18撮影
 山口線の撮影行のはずが、気が付けば午後2時にまだ山陽本線大道駅にいる。この後、山口線に移動するのだが、津和野辺りでは上り列車の発車にとても間に合わない。予定では牧ヶ野で俯瞰しようと思っていたが、篠目に変更。一路北を目指す。"下関の旦那"さんの先導で混まない道をするすると北上。思いのほか早くたどり着いた。駅を見渡せる田の脇に先行の車が止まった。気になる場所があるので見てみましょう。ということで畦を進んで線路脇へ。なかなか感じがいい。候補の1つとしておいて、とりあえず予定していた篠直に再度車を走らせる。予想通りに撮影ポイント周辺には車がびっしり。肝心のポイントは激烈ということはないが、いい場所はすでに三脚だらけだ。無理しなくても三脚は立てれそうだが・・・結局3人で相談して、先ほどのポイントに引き返すことにした。
 篠目は周囲を山に囲まれた集落で、中心に駅がある。谷間には田が広がり、のどかで美しい風景。列車が発車して大きくカーブした先の1段高い休耕田の畦から線路と駅を見下ろす。集落と駅、バックの山と谷あいの田、全て見渡せるが列車が来ると煙で隠れそうだ。列車にはサイドからばっちり光が射す。ここに決めた。例によって、1台は300mm、もう1台は24-105mmにしてどちらも手持ち、持ち替えて撮ることにする。風が強くて煙が読めない日は手持ちが一番。
 追っ掛けの車列がやって来た。篠直目指してカッ飛んでゆく。後を追うように列車が谷あいに姿を現した。ゆっくりと停車。露出を確認し、持ち替えたときの立ち位置も確認する。長い汽笛! ゆっくりと動き出す。追っ掛けの車がまだまだやって来る。駅の脇道に連なって駐車。こちらからだと、とても邪魔だ。予想はしていたが、こんなに止まるとは。300mmの絵は車だらけ、とても使い物にならない。黒煙を噴き上げながらカーブにかかった。急いでカメラを持ち替え、再度スタンバイ。眼下に列車が接近してくる。連写!
 駅の大勢のギャラリーや追っ掛けの車を全部煙が隠してくれた。と同時に綺麗な集落と駅まで消えてしまった。う~ん、やっぱり! よかったのか?悪かったのか?
b0185825_20325723.jpg
2010/7/18 山口線 篠目 9522レ SL「やまぐち」C57-1
Canon EOS-40D , EF 24-105mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-07-22 20:33 | 山口線 | Comments(4)
Commented by みつばち at 2010-07-23 17:00 x
SLってホントに生き物ですね。
追っかけ組も見えなくしてくれる配慮をしてくれるんですね(爆)
こういう俯瞰気味の写真、あまり見ないですよね。
なんか新鮮です(^^)
Commented by kony5711 at 2010-07-23 17:50
>みつばちさま

こんばんは
この場所、なかなか良かったです。
篠目の定番と言えば、駅発か篠直が有名で人も多いですが、
こんな絵もいい感じでしたね。人もほとんどいませんし!
これからは、いろいろ定番はずしもやってみようかと・・・(謎)

Commented by まむし at 2010-07-28 23:42 x
ある意味、SLのオーソドックスな写真になったのではありませんか。給水塔や集落も入ればよかったのかもしれませんが、なくても日本の山里の風景は十分です。
煙で追っかけの車列が消えて、ナイスですよね。
Commented by kony5711 at 2010-07-30 17:51
>まむしさま

はい、見せたくないものは全部きれいに消せました。(笑)
SLと交換するDCはうまく里の風景が入ったんですが・・・
やっぱり煙があるとないとでフレーム作りは随分違いますね。
わざわざ山口まで煙を撮りにでかけているようなものなので、
これはこれで納得してますが・・・集落の入る場所も捜したいですね。
<< 5078レ EF66-23 ,... 工臨 EF66-49 大道 >>