9425レ[SL会津只見新緑] C11-325 只見川第1鉄橋
2010/5/22撮影
 SL現役時代に1度、無煙化後も4~5回、学生時代に只見には訪れている。春の新緑、秋の紅葉、ゆったりと流れる湖のような川面が魅力で、何度行っても撮った絵が満足できないくらいに現実の只見川の光景は美しい。数年前から再訪する機会を狙っていたが、なかなか実現しなかった。今回も本業が忙しく随分迷ったのだが、25年ぶりに思い切って出かけることにした。関西から距離があるので、覚悟を決めないと出かけられない。

 金曜日、仕事を早めに切り上げて早々に出発する。山口よりも200km以上距離がある。飛ばしたくはないので、休憩しながら、仮眠も取って、やっと会津に着けた。道の駅「みしま宿」に車を止めて、只見川第1鉄橋を俯瞰するポイントに向かう。目標は送電鉄塔。急斜面を縫うように獣道が続いている。しばらくすると息が上がり、足が言うことを利かなくなる。背中の機材が肩に食い込み喘ぎながら、のろのろと登る。やっと視界が開けたところで腰を下ろすと、もう動けなくなった。なさけない! 声も出せないくらい苦しい。約10分ほど、天を仰ぎ、荒い息を吐いて、放心状態。噴き出した汗は流れるままに拭う元気もない。システム・ダウン寸前だ。
 やっとどこかに行っていた我が意識が戻ってきたので、辺りを見回すと、驚き。列車通過3時間前だというのに急斜面にびっしりと三脚。仰ぎ見る限り新参者が参入できそうな場所はとっくになくなっているようだ。幸い腰を最初に下ろした一番下段の地元の4人組の方に声を掛けて頂き、脇に入れて頂いた。苦しい思いが報われそうだ。さらにお隣に東京からのお3人。地元の方の言葉はときどき理解できなくなるが、明るく朗らかな皆さんのお陰で楽しく時間がながれてゆく。あと30分、下からはまだまだ人が登ってくる。
 深夜から早朝にかけて深い霧に覆われていたので、11時だというのに全体にぼんやりと見通しがわるい。遠くは霞んでピリッとしない。とはいっても蛇行する川が入れたいし、新緑にも日が当ってきた。あれやこれやと苦労をしながら、なんとかフレームを作った。新緑に露出を合わせる。黒い列車は小さくなるが、只見の景色の中ではSL列車も脇役でしかない。印象的なアーチ橋をアップに据えたフレームも作ってみたが、今回は引いた絵が気に入った。アップの絵はSLより1時間半前にやって来たDCの絵でお付合いを。この時間帯はまだ太陽が靄の向こうにいて、コントラストがなかったが、その分やわらかな雰囲気になったので水鏡の効果が利いている。それにしてもNゲージのようだ。
b0185825_22144735.jpg
2010/5/22 只見線 会津桧原~会津西方 9425レ[SL会津只見新緑]C11-325
Canon EOS 40D,EF 24-105mm F4.0L IS USM

b0185825_22154051.jpg
2010/5/22 只見線 会津桧原~会津西方 425D
Canon EOS 7D,EF 70-200mm F4.0L IS USM


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-05-22 22:16 | 只見線 | Comments(12)
Commented by まむし at 2010-05-22 22:33 x
こんばんは。遠征、お疲れ様です。
送電鉄塔まで、きついのですねえ。鳩原を思い出しましたが、読んでいますと鳩原よりもっと上りがきつそうです。頭がくらくらっときませんか。私なんかも、行きは上がるし貧血になるしで年齢を感じます。
しかし、それだけ苦労した甲斐がありましたね。霧のためか、スカッした感じではないですが、やわらかくゆったりした時間を味わえる絵になっていると思いました。
Commented by kony5711 at 2010-05-22 22:55
>まむしさま
 
ありがとうございます。
いや~苦しかったです。
山口でもいろいろ高いところはやってますが・・・
今日のはきつかったです。
列車が通過しても降りるのがいやでしたから。(笑)
東京の方の弁「もう二度とここには登ってこないと思っていても、やっぱり懲りないですね」「ここは絶対にいいですよ、いつ来ても」だそうです。
・・・もう二度と登る気はないですが、きっとまた登るでしょうねぇ。(謎)
Commented by みつばち at 2010-05-23 10:21 x
遠征お疲れ様です(^^)

おおおお!!
すんばらしいロケーションですね(^^)
よく紅葉の写真を見ますが、新緑の季節もいいですね。

山登りは先日うちが登った鳩原ループよりも大変そうですね。
うちも鳩原は行く気がないです(笑)
Commented by JA8584 at 2010-05-23 20:24 x
遠征&山登り、お疲れ様でございました。
風があまり無かったのでしょうか、川面の水鏡も綺麗に決まり、素晴らしい絵ですね。昨年の秋にあった国鉄色キハ52・58の際に私もここへ行きましたが、水鏡は全くダメでした。
Commented by 535@岡機 at 2010-05-23 22:06 x
こんばんは、遠征お疲れ様でした。

この撮影地、雑誌等でよく拝見しておりましたが、山を登った先にある撮影地だったのですね・・・。

鳩原と同様に、苦労した分素晴らしい写真が撮れるポイントの一つの様ですね。
Commented by きくじい at 2010-05-24 08:17 x
お疲れ様です。東京から来た隣の3人組の一人です。10秒足らずの撮影に数時間待ち、待ち時間の間の色々な情報の提供ありがとうございました。電車等、興味はなかったのですが、この景色にはとりこになりました。翌日もが数々の絶景箇所をまわり、堪能しました。
お互い、遠征の中、事故もなく良かったです。
Commented by C62重連 at 2010-05-24 09:11 x
毎度です!
まず、素晴らしい行動力に敬服です!!(^^)
西は山口、東は只見と弾丸行動を起こされる姿は驚嘆の極みですね・・
そして、素晴らしい風景と鉄道を撮影されているところは流石ですね!
次は後藤工場デフを装備した498号機ですな!!(^^)
Commented by kony5711 at 2010-05-24 17:41
>みつばちさま

わずか10分程度の山登りなので、たぶん鳩原ループよりも距離は圧倒的に短いと思いますが、とにかく急です。特に最後の一登りが堪えました。本来、送電鉄塔のメンテ用のルートだと思います。
う~ん、もう二度と・・・行くかなぁ???(爆)
Commented by kony5711 at 2010-05-24 17:49
>JA8584さま

ここの登りがきついのは噂には聞いてましたが・・・
ちょっと甘くみてましたね。後のことも考えずに一気に登ってしまって・・・
でも、すばらしい景色でした。
太陽こそスカッと出なかったですが、風がなく水鏡になったのは幸運でした。
紅葉の時期はすごいでしょうねぇ。
考えただけでも鳥肌ものです。
是非、リベンジしてください。
Commented by kony5711 at 2010-05-24 18:05
>535岡機さま

こんばんは
そうなんです。山の急な斜面が撮影地です。
待つ間も足場が少なくて大変でした。
下からは、あの鉄塔かなって目算はすぐにつきますが、
そこまでが・・・
たぶん機材を持って20階分の階段を登ったような感じです。足元が悪いので、もうちょっときついかな。
Commented by kony5711 at 2010-05-24 18:17
>きくじいさま

コメントを頂き、ありがとうございます。
皆さまのお陰で大変楽しい時間を過ごせました。
関西からは何度も通える場所ではないので、
とにかく行ってみたくて、到着後即座に登ってしまいました。
次回も登るかどうかは?ですが(笑)
これを機会に”鉄な時間”にもハマッてください。
良い作品が撮れますように、またお会いできれば最高です。
Commented by kony5711 at 2010-05-24 18:25
>C62重連さま

毎度です!
いやいや、毎朝、雨の日も、風の日も撮影されている行動力にはとても及びません。
ただ、思い立ったら行きたくて仕方がなくなるだけなんです。
ただのガキですわ。(爆)...でも行って良かったです。

後藤工デフですか。
あのD51-499のデフと聞くとかなり食指が動いてしまいそうですね。
問題はどこを走るかですね。
どうも架線の下を走るSLは痛々しくて好ましくありません。
磐西にでも入れば、飛んで行くでしょうが・・・
<< 9430レ「SL会津只見新緑」... 5078レ EF66-118 ... >>