3088レ EF66-128 / 入換え ED10-1733 梅田貨物
2010/1/5撮影
 正月休みの間、おせち料理とモチで過ごしてきたので、そろそろ普段の食事がしたくなってくる。撮り鉄も年末・年始は大サロ、ボンネット、A10・・・と豪華キャストで撮り放題だったが、ぼちぼちこちらも質素なカモレ料理が恋しくなった。世の中も本格的に動き出したので、貨物も普段の状態に戻りつつあるようだ。とりあえず梅田貨物に昼一に顔を出した。
 到着するなり下り「はるか」が通過。ん?・・・こんな時刻に下りは来ないはず。いつもなら3085レ-桃が到着し編成を引上げている時刻。遅れがあるな、と思っているとほどなく3085レ-EF210-114が到着。3088レの発車まで5分しかないので、3085レの引き上げは発車後かな?編成をコンテナ・ホームに引上げるには発車線を横断しなければならないので待機のはず。しかし、よく考えると3088レは上り「はるか」通過後に続行で発車する。上り「はるか」が先ほどの下り「はるか」を西九条あたりで待って交換で上ってくれば定刻数分遅れ程度なので3088レは抑止になる。これなら引上げる余裕はある。それ以上の遅れならば3088レが先行発車する可能性もある。
 さてどうなるか、と思う間もなくDE君が編成に接近。カチャリと連結された。こりゃ「はるか」を待つなと、時計を見ると3088レの定刻。時計から発車線に目をやると、なんとサメ君が動き出している。あわててファインダーを覗いたが、困った。目の前にDE君がいるので、いつもの構図では3088レの編成は見えない。とりあえずズームを退いて機関車同士の並びで構図を探る。サメ君は渡り線に入った。フレームを動かし、露出をチェック。間に合った。カメラはG1なので引き付けて一発勝負。この緊張感は久しぶりだ!
 3088レとDE君との並びは過去にもあったが、到着線の先端に居座ったのは初めて。これだから貨物ターミナルはおもしろい。いつも同じシーンになるとは限らない。おせち料理に飽きた身には、変則カモレ料理はたまらないご馳走だ。
b0185825_20101999.jpg
2010/1/5 梅田貨物 3088レ EF66-128&DE10-1733
Lumix DMC-G1,45-200mm/F4.0-5.6/MEGA O.I.S.


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2010-01-05 20:14 | 梅田貨物・環状線 | Comments(0)
<< 阪堺電気軌道 松虫付近 阪堺電気軌道 松虫 >>