9521レ SL「やまぐち」 徳佐
2009/11/23撮影
 晴天ならばどうしても追っ駆けがしたかった。昨年以来やってみたかったショットがある。11月3日に冠雪していた十種ヶ峰(とくさがみね)をバックに白煙を棚引かせて走るサイドビューだ。徳佐を発車した列車は盛大に煙を上げながら有名なS字を駆け抜ける。列車に速度がのるとスロットルが絞られ、S字通過後は煙が少なくなる。夏場はほぼ無煙状態。しかし、S字の先4つ目の踏切辺りでスロットルが閉じられるまでは力行しているため、蒸気が使われ低温ならば白煙となって棚引く。という話を昨年伺った。この辺りの船平山までの直線をサイドから狙うと十種ヶ峰が正面にくる。9月の稲が黄金色の時期には白煙は噴かないが、この時期なら可能性が大だ。冠雪していればなおGoodだ。
 追っ駆けの車列に加わって徳佐に近づくと、S字に向う車がやはり多い。徳佐の街を越えて国道9号を直進。しばらく行って田が開けた辺りで左を向くと十種ヶ峰が、どーんと構えている。畦道に入って構図を探す。残念だが、さすがに雪はない。画面に奥行がないので、手前に近景がほしいが広大に広がった田畑しかない。構図を決めて列車を待つ。
 ぼちぼち発車するかなと思っていると目の前の道路を白と黒の車が勢い良く走ってきて停車。三脚を立てている。声を出したが距離もある、風もある。聞こえようがない。せめて後ろを向いて確認してほしいが、カメラの設置でそんな余裕はないようだ。・・・徳佐発車の汽笛。盛大に上がる黒煙が風に乗って立ち昇ってゆくのが見える。フレームを動かし、ズームで寄って白い車はフレームの外に逃したが、黒い車と撮影者はどうしようもない。こんな近景はほしくなかった。
 列車がS字をぬけるとドラフト音は小さく軽快になり、ジョイント音が響いてくる。白煙がきれいだ。雲もなく、地表に影はない。紅葉がもっと鮮やかならばなお良かったのだが・・・白煙を棚引かせ列車が駆け抜ける。画面右側の踏切付近でカットオフ。白煙はなくなり、だ行で船平山に向った。
b0185825_1912986.jpg
2009/11/23 山口線 徳佐~船平山 9521レ SL「やまぐち」 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-12-02 19:02 | 山口線 | Comments(2)
Commented by みつばち at 2009-12-02 20:01 x
こんばんは(^^)
のどかですねぇ(^^)
こういう写真、すごく好きです。
左下の車がなければなぁ~って個人的には思いますが、それを抜いてもいい写真だと思います。
Commented by kony5711 at 2009-12-03 20:46
>みつばちさま
ありがとうございます。
去年から狙っていた絵です。
予想通りに白煙が出て、うまくいきました。 (~~)v
来年はもう少し前でやります。
近景(?)が入らないように・・・?!
<< 9522レ SL「やまぐち」 ... 9521レ SL「やまぐち」 ... >>