3170レ EF66-44 山崎
2009/9/5
 9月になって6時頃の日差しは弱まってきた。今年は冷夏だったこともあって、太陽に勢いがないように感じる。そのせいで日差しが弱いわけではなく、単に日が短くなっただけだが・・・そろそろ山崎でワム・レが狙えるシーズンは終わりそうだ。あと2週間くらいか? 5時ころに脚立を据えて構えた。辺りはまだ暗く、太陽の姿もない。列車通過まで1時間ある。駅に近いので6時を過ぎれば通勤・通学の人通りが増えるが、この時間に線路脇の小道を通る人は、朝の散歩か新聞配達ぐらい。
 5時半を回って明るくなってくると、線路際のフェンスに沿って手にカメラを持った動かぬ人影が増えてくる。6時10分頃をピークにこの人影は増え続ける。特に天気の良い土曜日は多い。不思議なことに全員線路を向いて立っている。(謎)

 薄暗い中、自転車に乗った小学生がやってきた。どこに行くのかと思っていると、自転車を止め私の前でフェンスに貼りついた。しばらくすると、あとから、あとから自転車小僧くんがやってくる。総勢4名。手にコンデジと携帯。やって来る列車の通過時刻もよく知っている。彼らの会話を聞いていて、遠い昔を思い出した。
 小学生高学年のころ、キャノン・デミというハーフカメラを手に、友人と線路脇に毎日通っていた。フルサイズのフィルムをハーフで使うので、36枚撮りが72枚撮りになるという、いたってエコなカメラ。子供には丁度良かった。当然、何時、何が来るか毎日のことなのでよく知っていた。当時は向日操に出入りするC57や、本線のEH10、EF58はもちろん、数本しかこないEF15やEF61を待っていた。
 あのころは・・・と思いを巡らせていると、ワム・レがやって来た。44号機、編成も長い。薄日のなか、ゆったりとカーブをきってくる。0番台が先頭だと全身前から後ろまで真っ青。まさにJRFのブルトレと言いたくなる。
b0185825_1803973.jpg
2009/9/5 JR京都線 山崎付近 3170レ EF66-44

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-10 18:20 | JR京都線 | Comments(0)
<< 工臨 DD51-1043 調子踏切 5051レ EF210-1 さ... >>