4004M 雷鳥4号/4009M 雷鳥9号 調子踏切
2009/8/22
 485/486系非パノラマ編成の雷鳥が10月改正で姿を消すようだ。8往復ある雷鳥運用のうち3往復がサンダーバード化され、残り5往復がパノラマ編成で運用される。この5往復も2011年10月までのようだ。
 雷鳥は1964年(昭和39年)東海道新幹線開業時に設定された列車で、当時は481系(ボンネット)で運転された。1975年に湖西線が開通し、12往復体制でエル特急化されて以降に481系200番台非ボンネット車が運用に入ったように記憶している。編成内容、運転本数、塗装などいろいろと変化はしたが、現在の非パノラマ編成は、あれから外見上は大きく変わっていないので、すでに30年以上このスタイルで運転されている。関西では北陸筋の定番列車として定着したスタイルだけに寂しい限りだ。
 現在、非パノラマはA7~A10の9両編成4本。9月中に撮影しておきたい。いつもなら下りカモ・レのラッシュアワーが終わる7時を過ぎると別の場所に移動するが、非パノラマ狙いで本線撮影を続行した。下り4号 A10編成、上り9号 A7編成で姿を見せた。
b0185825_1812460.jpg
2009/8/22 JR京都線 長岡京~山崎 4004M 雷鳥4号 A10編成

b0185825_182274.jpg
2009/8/22 JR京都線 長岡京~山崎 4009M 雷鳥9号 A7編成


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-09-04 18:05 | JR京都線 | Comments(0)
<< 8862レ 甲種輸送 EF66... 75レ EF65-1129 加島 >>