3170レ EF66-33 調子踏切
2009/8/8
 やっと週末、土曜日に晴れた。いったい何週間ぶりなんだろうか?晴れた土曜日がいつだったか覚えていないくらい、ここのところ晴れていない。今年の梅雨はほんとうに長かった。土曜日に運転される列車を狙いたいだけに待望の晴天だ。
 いつものように調子踏切で3170レ、ワム・レを待つ。現車22両、33号機と事前に情報を頂いた。いつもより短い編成なので、線路から少し離れサイドぎみに構えることにした。すこしでも長く見せたい。
 6時になり、そろそろやって来る。しかし工場の影は線路にかかったまま。機関車と最初の2~3両しか日が当たりそうに無い。もう少し太陽が高く昇ればいいのだが・・・夏至に近い7月初旬に晴れなかったので仕方ない。晴れただけましか?
 もう一つ不安がある。カブる可能性のある並走してくる各駅と下り210のカモ・レだ。各駅は山崎発6:13上り506C。7130レの山崎通過が6:10頃なので、少し遅れると並走することになる。しかも足の遅いワム・レだけに、がんばらないとすぐに追いつかれてしまう。もう一方は、下り7055レ、EF210牽引の東京タ発、福岡タ行き貨物。定刻だと長岡京あたりですれ違うことになる。この2列車がいつもニアで踏切を通過する。
 6時10分頃、踏切が鳴り出す。上り列車の接近表示のみ。円明寺の直線の先になかなか列車が姿を見せない。足の遅い3170レが先行で来ているのか?それとも、並走してやってくるのか?・・・66が青ワムを引いて現れた。各駅は従えていない。のろのろと直線をやってくる。すると下り列車接近表示が点いた。下り7055レの接近だ。こうなるともう心臓はバクバクだ。カブるなよ!!
 工場の影をぬけて、やっと66がシャッターポイントに来た。連射。後ろから各駅が猛烈に追い上げて来ている。まだ下り貨物はこない。振り返り、下り貨物を狙う。3170レがカーブの先に消えると、すぐに7055レ、EF210-142が飛び出してきた。同時に上り各駅が脇を通過する。シャッター位置でうまく2列車が並んだ。これが3170レの天敵の2列車だ。
b0185825_2061242.jpg
2009/8/8 JR京都線 長岡京~山崎 3170レ EF66-33

b0185825_2064137.jpg
2009/8/8 JR京都線 長岡京~山崎 506C 各駅停車、7055レ EF210-142


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-08-10 20:13 | JR京都線 | Comments(0)
<< 快速 調子踏切 5051レ EF210-2 さ... >>