2084レ EF66-9 七松踏切
2009/3/21

 阪神間の撮影ポイントといえば、歩道であったり、踏切であったり、高架橋であったりと街中の生活空間の真っ只中にある。車が走り、自転車が通り、大勢の人が行き交う。カメラを持ち線路脇にたたずむ姿は、普通に考えれば変である。なにを待っているのか一目で理解してもらえるので、怪しまれたことはないが、子供たちに囲まれて、「なに撮ってるの?」ということはある。まあ、普段街中でする行動とはかけ離れていることに間違いはない。
 この日も地元の方に「特別な列車が来るんですか?」と尋ねられた。「いえいえ、貨物列車を待ってます」は、ちょっと恥ずかしい。小さな子供でもあるまいし、いいオヤジが・・・普段なら遠くの一点を見つめて、ひたすら列車を待っているので、回りはあまり気にならない。しかし、声を掛けられると一瞬で普段の自分に返り、苦笑してしまう。他に撮影者がいらしてないときは、なおさらだ。

 昼下がりのトップライト。すでに先頭部には日が回らず、普段ならこんな時間に七松踏切に居ることはない。ここは、午前中が順光でベストだ。ただ、午前中にさくら夙川で2081レに9号機が入るかも、という情報を頂いた。現時点で稼働中のEF66のなかで最若番。一桁機番は9号機のみ。なかなか出会えずにいただけに、他に移動する時間もなく、七松踏切で狙うことにした。
 ナンバープレートの'9'の右側の余白が、なんとなく愛嬌があって、独特(?)。
b0185825_1721689.jpg
2009/3/21 JR神戸線 尼崎~立花 2084レ EF66-9

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-07-09 17:05 | JR神戸線 | Comments(0)
<< 1053レ EF66-10 調子踏切 9522レ SLやまぐち 白井 >>