9521レ SLやまぐち 18.5Kポスト
2009/7/4

 500kmを走破し、仁保地に到着。まだ列車が来るまで3時間近くある。風はなく曇り。山にはガスがかかり、湿度は高い。時より強い日差しが射し、気温も上がってきたが、大阪ほどではない。撮影者と思われる車は1台もなく、休憩しながら時間を潰すことにする。日陰に車を止め、窓を開けるとエンジンを切っていても涼しい。
 9時を回って、そろそろ出かけようかと思っていると、1台の車が真後ろに止まった。「SLの撮影ですか?」と声をかけて頂いた。18.5K付近には初めてで、どこから行けばいいかとのこと。ご一緒しましょう、ということになった。線路脇に上がるとS字に三脚が1台見えるのみ。もちろん18.5Kのお立ち台も我々2人だけだ。
 
 同じ志を持つ者が2人いれば当然話題はもっぱらSL。'79年やまぐち復活のころの話、磐西線、只見線、北海道の復活蒸気の話。梅小路SL館開館時の話から、その後のイベント列車まで。神戸ナンバーの方だけに当時の話題はかぶる部分が多い。日が射して汗が流れ出るのも苦にならず、気付くと定刻間近。遠くに宮野を発車する汽笛が聞こえる。ファインダーを覗き、露出をチェック。ここからは、2人とも息を呑んで接近を待つ。辺りは静まり返る。

 強い初夏の日差しが、直線区間を照らし出している。遠くに姿を見せた機関車から真っ直ぐに黒煙が立ち昇っている。期待したよりは薄煙だが、気温を考えると文句は言えない。いつものように、ゆっくりとしたリズムで鼓動を響かせ接近する。辺りの草木を震わすような爆音だ。音の主が目の前に来る。連射。・・・
 足元に振動を伝えて機関車が通過。つづいて軽快な客車の振動に変わる。後ろ姿を見送りながら、撤収。いざ、長門峡へ。
b0185825_12161687.jpg
2009/7/4 山口線 宮野~仁保 9521レ SLやまぐち

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
[PR]
by kony5711 | 2009-07-07 12:17 | 山口線 | Comments(0)
<< 9522レ SLやまぐち 白井 9521レ SLやまぐち 徳佐S字 >>