2081レ EF66-27 加島
2009/6/13

 関西も梅雨に入り、どんよりとした厚い雲に覆われた。雨は降りそうにないが、湿度は高く、蒸し暑い。薄日が時より射すと首筋に汗がつたわる。日向で列車を待つのは辛い季節になってきた。朝早くから撮影を始めたので正午をまわり、ぼちぼち昼食を取りたいが、あと1本ねばっている。
 もともと11時過ぎで撮影を終えて帰宅する予定であった。さくら夙川で1070レ,5088レ,1050レと続けて3本のEF66牽引列車を撮影したが、2本がかぶりで撃沈。くやしい思いをしたところに、「2081レに(EF66)27号機が入る」らしい。と情報を頂いた。蒸した天候と空腹でへとへとだが、撮影続行しかない。5月30日も15分の差で取り逃がしただけに、リベンジ。
 2081レは大阪ターミナル発、福岡ターミナル行き。吹田が12:27発。阪神間では、午前から午後にかけてのこの時間帯に下り列車撮影に適する場所が少ない。しかもトップライトになる時間なので普段なら食事と休憩中で撮影したことのない列車だ。曇っているので、どこでもいいのだが、少しでも俯瞰ぎみで撮影できたほうがトップライトだから有利かなと。いうことで、加島の舗道上で構えることになったわけだ。

 27号機はJR貨物所有のEF66のなかで、国鉄時代の原型に近い姿を保っている唯一の機番。ナンバープレートに羽飾りが付き、左右のヘッドライト間に”歯並びのいい”飾りが付く。サイドの白線もボディの裾ではなく、ブルトレと同じ高さの腰あたり(?)。前面窓のサッシも未塗装でシルバーのまま。頭のうえにクーラーボックスが乗ったのと、パンタが下枠交差型に置き換わり、屋上がグレーに塗装変更された以外は原型のまま。沿線では「ニーナ」と呼ばれ人気の機番。原型機といえばJR西所有のEF66はブルトレ廃止で運用機会がなく、引き取り手もない状態だけに、27号機でしかオリジナルは見られない。ますます人気になりそうだ。
b0185825_1212277.jpg
2009/6/13 JR北方貨物線 加島付近 2081レ EF6627
[PR]
by kony5711 | 2009-06-15 12:15 | JR神戸線 | Comments(0)
<< 1392レ EF200-8 梅田貨物 9521レ SLやまぐち 19... >>