EF200-901 調子踏切
2009/5/9
  この日は雲一つ無く快晴。太陽もいい具合に昇ってきて、きれいな斜光線。ただし露出は十分ではなく、シャッタースピードを稼ぐために増感することになってしまった。案の定というか、やっぱりというか、分かってはいたものの粒子が粗い仕上りになった。このサイズでは目立たないものの、伸ばしてプリントすると粗さは歴然。選択の余地はなかったけれど、やっぱり残念。せっかくの901なのに・・・
 国鉄時代からの慣わしで、量産前の試作車は901番。この個体も試作試用後、量産車設計にフィードバックされた後に量産車同等の改良を受け、この機番を付けている。外観上は屋上のドームの背丈が高く、そうでなくても四角いEF200が、より一層四角く感じてしまう。この角度から見ると厳つささえ感じる。EF200901、独特ですな。

 ところで、運転席をよく見ると・・・乗務員2人とも女性? 先日も須磨で列車を待っていると、須磨駅方向から保線係員が線路を点検しながらやって来た。4人のうち2人が若い女性。ちょっと驚いた。貨物や保線の現場といえば、一昔前なら3K「きつい、きたない、きけん」職場で、おおよそ女性とは無縁の職場だっただけに、現代女性のパワーには圧倒されます。こんな光景に出くわすと、なんか元気を貰えたような気分になって、にんまりしてしまうのは私だけでしょうか。がんばって下さい。


b0185825_22523477.jpg
                    2009/5/9 JR京都線 長岡京~山崎 7090レ
[PR]
by kony5711 | 2009-05-25 22:58 | JR京都線 | Comments(0)
<< 4002レ 日本海 近江中庄 はじめに >>